最終更新日:2019/01/07

不思議な形の茹で卵が作れちゃう「ドリームランド」

アーネスト株式会社から発売されている、「ドリームランド」。この商品は、黄身の形がなんとも不思議な形の茹で卵を作れるというものです。その形がこちら!

花型、星型、ハート型、ダイヤ型の4種類が作れます。このドリームランドを紹介していきます。


スポンサードリンク


 茹で卵の作り方

それではゆで卵の作り方を紹介していきます。まずゆで卵を作るのに下の写真(ドリームランド)のものを使います。

1、まず卵を写真左下の円状の分離器を使い黄身と白身を分けます。これは分離器の中心のくぼみに卵を割るだけです。もちろん使わないで卵の殻でやっても大丈夫です。

2、本体の内側、底板、模様型に薄く油を塗ります。

3、底板を入れた本体に白身を8割程度入れます。

4、模様型のついた蓋をします。

5、ひたひた以上の水の入った鍋に入れ12分~15分くらい茹でます。

6、茹であがったら鍋から本体取り出し、模様型のついた蓋を抜き取ります。

7、その穴に、黄身をいっぱいまで流しいれます。

8、蓋から模様型を外し、本体に蓋だけをします。

9、同じ鍋で8分くらい茹でます。

10、そこ蓋を押し取り出せば完成です。

できる茹で卵は、直径4㎝、高さ5.5㎝の大きさです。
本体の直径は16.8㎝のため、18㎝~22㎝程度の鍋がおすすめです。

 ドリームランドの価格 

定価1600円(税抜)
アマゾン(価格変動に対応するため、以下を参照してください)

上記より購入できます。

 ドリームランドのメリット

・かわいい

 とにかくかわいい。子供や女子受け抜群です。

・インスタ映え抜群

 サラダなどの料理がインスタでかわいく映えます。

・黄身に味付けできる

 白身と黄身を分離して作るため、黄身に醤油や、塩コショウ、ハーブなどで味付けできます。普通白身の外から味付けするため味をしみこませるのに時間がかかりますが、これは直接混ぜられるため、しっかり味のついた茹で卵になります。

・円柱なためどこを切っても同じ

 円柱なためどこを輪切りしても、黄身と白身の大きさが一緒です。そのため同じものを何個も作れ取り分ける料理に最適です。

 ドリームランドのデメリット

・一回で同じ形を複数作れない

 卵の白身を決める棒が1本しかないため同じ形の茹で卵が複数作れません。

・一回に4つしか作れない

 本体に4つしか卵を入れる場所がない上、本体の直径が16.8㎝あるため一つの鍋に1個(本体)が限界なため、大量に作れません。

・掃除が大変

  口コミでも個の意見が多数です。(口コミは下に記載) プラスチックの本体に卵がくっついたり、本体に細かい凹凸があったりするためです。

 商品の口コミ

amazonでの星の数は3.3です。かわいいという意見が大半な一方、白身が容器にくっついたり、小間かな凹凸があるため掃除に時間と手間がかかり大変という意見も多いです。また収納場所に困るという意見もあります。子供は大変喜ぶらしいです。これらから「ドリームランド」を使えるのは、子供の弁当や、女子会などで、料理の飾りつけにこだわりが強い人や運動会などの特別なイベントだと思います。手間がかかると言ってもゆで卵は保存がきくので事前に作れるため前日などに作っておいてもかまいません。

楽天での星の数は3.9です。購入者は30代女性が多いみたいです。口コミは、アマゾンと大体同じですが、こちらはうまく作れなかったという口コミが少しあります。特にくっついて外すときにボロボロになってしまう口コミが多いです。

まとめると、かわいい、掃除が大変問意見が大半です。

 まとめ


このようにかわいい上、盛り付けのアクセントになります。ただ、作ってかたずけるのに手間がかかり大変です。運動会や女子会など特別なイベントで使えば話題性間違いなしです。


関連リンク 雑記

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です