最終更新日:2017/11/21

世界シェアトップ(○○%)!自動車用ヒューズ 太平洋精工(PEC)

太平洋精工(PEC)(以下PEC)は、自動車用バルブコアを製造していた太平洋工業から、将来の自動車産業の発展を見越して独立した、自動車用ヒューズ専門メーカーである。ヒューズ本体や、ホルダー、ヒューズ用ペンチ、ブローバイガス(主に未燃焼ガス)用バルブなどを製造している。




PECはそのヒューズにおいて世界シェアトップ(50%)、国内シェアトップ(90%)を誇る。
ヒューズとは、規定値以上の電流が流れると、回路を遮断し回路に接続されている機器などを守るものである。

製造しているヒューズは、世界標準のブレード型自動車ヒューズ、高電圧の負荷がかかってもすぐに切れないボックス型のスローブローヒューズ、多回路をトータルで小型化できる多極スローブローヒューズ、ハイブリッドカーや電気自動車のニーズに対応する高電圧回路用自動車ヒューズなど。定格容量は1A~500Aまで。
特に5アンペア以下の容量の小さいヒューズでは加工精度によりヒューズの切れる電流の大きさ、スピードに違いが顕著あらわれるが、PECは、±0.002mm以下の金型加工精度、幅0.06mmの抜き加工を実現し、安定した性能を出すことが出来る。


ボックス型のスローブローヒューズ


会社名 太平洋精工株式会社
ホームページ https://www.pecj.co.jp/
本社 岐阜県大垣市桧町450
従業員数 約450名(国内単独)
関連リンク 交通(車・バイク・飛行機)関連の世界シェア・国内シェア
世界トップシェアをもつ会社一覧
国内トップシェアを持つ会社一覧

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です