最終更新日:2017/08/05

就活論3~就職先の選び方3みなし公務員編~

みなし公務員は、教習所の技能検定員、車検の検査員、日本郵便の従業員、公務に関係する仕事や公益性の高い仕事を請け負っている法人(独立行政法人など)などの従業員であり、公務員法を適用される。公務員試験に合格していなくても就職できるが、その法人毎に独自の試験はある。公務員ほどではないが、比較的安定しているといわれている。大まかにいうと、公務員と一般法人との中間と言われている。天下りが多いといわれている。

個人情報を大量に取り扱ったり、世界に向けて仕事をしたり、地域に密接な仕事をしたりと様々な職種があるのが特徴。日本の中核を担う仕事も多い。

みなし公務員一覧

オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
技能検定員(指定教習所)
技能検定委員(職業技術)
公証人
厚生年金基金
国民生活センター
国民年金基金
国立オリンピック記念青少年総合センター
国立科学博物館
国立国語研究所
国立女性教育会館
国立大学
国立特殊教育総合研究所
国立博物館
国立美術館
車検場職員
大学入試センター
駐車監視員
日本銀行
日本年金機構
日本郵便の職員
物質・材料研究機構
文化財研究所
防災科学技術研究所
放射線医学総合研究所
上記は一例であり、ほかにもみなし公務員の職種はたくさんあります。

スポンサードリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です